1. 2017年のビューティトレンドを総括!「@cosmeビューティアワード2017」12月7日発表
2017年12月07日
株式会社アイスタイル

2017年のビューティトレンドを総括!
「@cosmeビューティアワード2017」12月7日発表

株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:吉松徹郎、証券コード:3660 以下、アイスタイル)は、2017年のビューティトレンドを総括する「@cosme ビューティアワード2017」を発表いたしました。

「@cosme ビューティアワード2017」とは、今年生活者に支持されたコスメをランキング形式で発表する「@cosmeベストコスメアワード」、@cosmeのサロン予約サイトispot掲載店舗の中で最も支持された美容サロンを表彰する「ベストサロンアワード」、美を通じて世の中の人々に共感され、今年最も輝いた女性に贈られる「ベストビューティストアワード」の3賞からなる、日本最大級の美容アワードです。

logo_all.jpg

1.@cosmeビューティアワード ダイジェスト
(1) ベストコスメアワード
・美容への消費意欲が比較的旺盛だったとみられた今年、受賞商品の傾向は「頑張らなくても賢くキレイ」をかなえる商品
・総合大賞はオペラ「リップティント」。消費者の関心が急激に高まっているティント商品の中でも「うるおい、色持ち、使い心地」の3拍子が揃ったティントリップとして高い評価
・2017年のトレンドキーワードは「立体メイク」「パーソナライズ」「エイジングケア革命」
・2018年のコスメ・美容のキーワードは「Beauty Tech元年」

(2) ベストビューティストアワード
・ベストビューティスト:飾らないライフスタイルや、ファッションが多くの女性の憧れとなっているマギーさん
・ブレイク賞:ハードなトレーニングの様子や引き締まった肉体美に注目が集まったAYAさん
・クリエイター賞:NMB48所属の現役アイドルであり、Youtuberとしても活躍されている吉田朱里さん

2.各賞詳細
@cosmeベストコスメアワード
(1) @cosmeベストコスメアワードとは
実際に商品を使用したメンバーから、この1年間に@cosmeに寄せられたクチコミ投稿をベースに、今、生活者が支持している商品をランキング形式で表彰するアワードです。
サービス開設当初より毎年発表しており、@cosmeならではの生活者視点に立った受賞ラインナップが、化粧品業界及び美容業界からもご注目いただいています。

(2) 2017年の受賞商品の傾向
① 「頑張らなくても賢くキレイ」を叶える商品が、上半期に引き続き人気の傾向
「@cosmeベストコスメアワード2017上半期新作ベストコスメ」から引きつづき、「頑張らなくても、賢くキレイになりたい」という生活者のニーズに応えるカテゴリ・商品が注目されました。例えば、洗顔から化粧下地まで1度に済ませられる手軽さが支持を受け、ベストシートマスク部門1位となったサボリーノ「目ざまシート」や、ベスト美容液・ブースター2位のONE BY KOSE「薬用保湿美容液」のように既存のお手入れを変えることなく、一品投入するだけでこれまでの美容が底上げされるようなアイテム。また、コスメ以外でも、機能性ファッションカテゴリ1位となったユニクロの「ワイヤレスブラ」などの商品にも、その傾向が伺えます。またそれは、クチコミに現れる「面倒だ」「時短」といったワード/フレーズの出現率が伸びていることにも表れています。

20171206204808-c5bb82fd01c35b975261bbc8cbdd25fec8fa6d39.png

② 美容への消費意欲は比較的旺盛
2017年の受賞商品※1を分析すると、過半数にあたる54%がプチプラ※2商品となりました。また同時に、新製品の比率※3が上がり、ロングセラー比率※3が下がりました。美容への消費意欲が下降傾向にある時は「試しに買ってみる」という行動が起きにくいことから、安心感のあるロングセラー商品や定番のブランドに人気が集まる傾向が見受けられます。実際に、リーマンショックがあった2008年はプチプラ商品や新製品の割合が下がっています。
このことから、2017年は比較的美容への消費意欲が旺盛な年だったといえるでしょう。
※1ここでの「受賞商品」とは各部門賞1位およびその年の殿堂入りした商品を対象とする
※2プチプライスの略で低価格帯であることを表す。ここでの「プチプラ」の定義は、単価2000円以下(ヘアケア、ボディケアは1000円以下)の商品でセルフで購入可能なものとした
※3「新製品」の定義は発売(@cosme商品データベースに発売日情報がない場合は、データベース登録日)から受賞まで1年未満の商品。「ロングセラー」の定義は受賞まで5年以上の商品とした

(3) オペラ「リップティント」総合大賞受賞の背景

20171206210128-c046c9a1729f4fde87a82d98066f58c2c43aa003.png

①「うるおい、色持ち、使い心地」3拍子揃ったティントとして高評価
オペラ「リップティント」は、「うるおい、色持ち、使い心地」の3拍子が揃ったティントリップとして高く評価され、「@cosmeベストコスメアワード2017上半期新作ベストコスメ」における大賞受賞に続いて、「@cosmeベストコスメアワード2017」総合大賞受賞となりました。

②「今の女性の気分」に寄りそう4つの特長
◇頑張り過ぎずにキレイがかなう・・・何度も化粧直しを頑張らなくても"ほどよいキレイ"が続く
◇手に取り易いサイズ感と価格・・・使いきれないことがストレスになる若年層も手に取り易く、複数色購入もしやすいサイズ感や価格
◇安心して選べる「花嫁リップ」の存在・・・色選びに迷っても「これを選べば失敗しない」花嫁リップの存在も購入の後押しに
◇季節ごとの限定色・・・「今、買いたい」「SNSでシェアしたい」という気持ちを高める、季節ごとの限定品や限定色も人気の一因に

③登録数が激増した「ティント」商品、リップメイク人気も継続
2017年、「ティント」を商品名または商品説明文にうたった商品の@cosmeにおける登録数は例年の約5倍になり、「ティント」に対する関心が非常に高まっていることが感じられます。また、各年度の受賞商品 (各部門賞1位+殿堂入り)に投稿されたクチコミの中で使われているワードにどのよう変化があったかを分析すると、「口紅」というワードの出現率が2015年から3年連続で上昇傾向にあり、リップメイクへの関心が引き続き高いこともうかがえます。

20171206231429-2a65438d520087ca2f239daaac0df39fbd9f698c.png

(4) 2017年のトレンドキーワード
① 立体メイク
「ナイトプール」の成功などに象徴される通り、昨年に引き続きヒト・モノ・コトすべてにおいて「SNS映え」が活況を呈した1年であったといえます。中でもコスメに関しては、商品自体のSNS映えから、「写真に映った際の自分の印象」を重視する傾向へ「SNS映え」自体のニーズがシフトしてきているようです。そういったニーズの変化から、海外のSNSを起点に浸透してきた「立体メイク」への関心が高まりました。また、以前はメイクアップアーティストやメイク好きの方が使用していたニッチなアイテムだったシェーディングやハイライトなどにおいて、一般の方が日常使いに取り入れられる商品の販売が日本でも増えたことで、更に注目が集まりました。
受賞商品のクチコミを分析すると、「鏡の中ではそこまで変わりなく見えます。しかし!自撮りしてみると鼻筋や彫の深さが圧倒的に違います」や、「普段はそんなに顔の大きさを気にしませんが、写真に写ると話は別です。シェーディングを入れるのと、入れないのでは顔の大きさがひと回りもふた回りも違ってみえます」などの声が聞かれます。

②パーソナライズ 
直近1年間の@cosmeのクチコミを分析すると、「パーソナルカラー」「肌診断」といったワードの出現件数が顕著に増加し、効果や機能、使い心地など「自分に合ったものを選びたい」というニーズが高まっています。

20171206222707-54e1268e4f7a07f1b59b233272cf025a477ac6ae.png

そういったニーズに合わせ、自分好みの色や成分で生活者が化粧品を選んでいくという主体的な体験とは異った、客観的な条件や分析結果に基づいた結果によって色や機能を選択する商品が注目されました。

③エイジングケア革命
2017年は「シワを予防する」という従来の予防美容ではなく、出来てしまったシワそのものを改善するという商品が登場しました。トレンド賞を受賞したエリクシール「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S」、ポーラ「リンクルショット メディカルセラム」のどちらの商品も大変なニュースになり、化粧品の機能が躍進した1年となりました。また、これらの商品の登場により、「シワ」そのものに対する関心が高まり、@cosmeのクチコミにおけるワード出現率も上昇しました。

(5) 2018年のコスメ・美容のキーワード「Beauty Tech元年」
「パーソナライズ」ニーズの高まりによって、より、自分にピッタリの商品を選んでくれる、教えてくれる助けとなる「テクノロジー」がビューティの世界でも台頭しつつあります。2018年はその流れが一層加速することが予想されます。

(6)受賞商品一覧
【集計方法】@cosmeベストコスメアワードは、生活者のクチコミに加え、どのくらい注目された商品かなどを加味して、順位を決定しています。
【集計対象期間】2016年11月1日~2017年10月31日(下半期新人賞のみ 2017年5月1日~2017年10月31日)
【総クチコミ件数】684,740件
【対象商品】 47,236件

【総合】
@cosmeメンバーから今年最も支持されたアイテム
※1位のみ紹介、2位以下は編集特集ページにてご確認いただけます

20171206210630-3d727fdff6b494fabf95d34333384ca5c4bc6289.png

【殿堂入り】
@cosmeベストコスメアワードにおいて複数回1位にランクインし、皆さんからの支持を不動のものとしたアイテム

20171206210924-830cac41dc10a98b4a0c673d26048f2a196ca1c5.png

【下半期新人賞】
2017年5月1日~2017年10月31日に発売された新商品の中で人気を集めたアイテム
※尚、下半期デイリーグッズ新人賞のフレア フレグランス IROKA衣類のリフレッシュミスト エアリーは、現在販売終了しております

20171206211136-17d8b8ae6ce5c8e25b2742171c16444348eafafe.png

【アイテム賞】
各カテゴリで今年支持されたアイテム
※1位のみ紹介、2位以下は編集特集ページにてご確認いただけます(全58部門)

24826190_152936445434217_204655549_o.png

【@cosme shopping ベストヒット賞】
2016年11月1日~2017年10月31日における当社の化粧品EC「@cosme shopping」での販売実績をもとに順位を決定

20171206212626-f92e9ae398e10f79cdda3a74c21218c291f651e4.png

【@cosme store ベストヒット賞】
2016年11月1日~2017年10月31日における当社の化粧品専門店「@cosme store」での販売実績をもとに順位を決定

20171206212850-c23819a4fc6a8d9f0192478f05f14e59e48a9a5a.png

【ベストトレンド】
@cosme編集部が選定する、今年トレンドとなったキーワードにまつわる人気商品
2017年のトレンドキーワード:立体メイク、パーソナライズ、エイジングケア

20171206213043-ab19818cb2d027e13355ab9ad9c995d3a58fef5b.png

@cosmeベストサロンアワード
(1) @cosmeベストサロンアワード とは
@cosmeのサロン予約サイトispot全掲載店舗の中から、ユーザーのクチコミ投稿をもとに注目度をはかる様々なサイトデータを加味し、最も厚く支持されるサロンを表彰するアワードです。

(2)受賞サロン一覧
【殿堂入り】該当なし

【エリア大賞】

20171206213300-532eff151df73fc4fcb968cca2c7cd7642227828.png

◆ ベストビューティストアワード
(1)ベストビューティストアワードとは
「ベストビューティストアワード」は、様々な分野で活躍する女性たちの中で"美を通じて世の中の人々に共感され、今年最も輝いた女性"に贈られます。@cosmeは、ひとりでも多くの女性が美を通して自分の可能性に気づき、一層輝いていくことを支援します。

(2)2017年の受賞者
◇ベストビューティスト マギーさん

20171206222053-49013a57dad89648a7c0ada1ec1e2cafe67e4c86.gif

【受賞理由】
ご自身のInstagramに100万近いフォロワーがつき、若年層をはじめ幅広い女性からの支持を集めているモデルのマギーさん。飾らないライフスタイルや、ファッションは多くの女性の憧れとなっています。今年の冬には女優デビューも果たされ、今後さらなる活躍が期待されるマギーさんが2017年の「ベストビューティスト」を受賞されました。

【コメント】
内面の美しさが外側に出ると言いますが、外見を磨くことで内側にも反映されると思います。自分磨きを怠らない努力が自信になり余裕が生まれ、人に優しくなれると思います。
品があり、パッションに溢れ、人に愛を与えられる心の余裕のある女性を目指してこれからも精進して参ります。

◇ブレイク賞 AYAさん

20171206222143-b5552213d61b734faffaa8021645ada78a3240a9.gif【受賞理由】
"ブレイク賞"の名の通り、今やテレビに引っ張りだこのクロスフィットトレーナーAYA(あや)さん。男女問わず多くのモデル・女優に支持されており、今年11月にはトレーニングメソッドが詰まったトレーニング本も上梓されました。ハードなトレーニングの様子や引き締まった肉体美に注目が集まり、2017年の「ブレイク賞」を受賞されました。

【コメント】
あっという間な1年でした。フィットネスの素晴らしさを自分なりに精一杯伝える活動が出来たかなと思います。来年も走り続けていきたいと思います!
トレーニングで負担のかかった身体をケアするために、10日に1回は整体へ行ったり、シャワー後の保湿は欠かさないようしたり気をつけています。

◇クリエイター賞 吉田朱里(よしだ あかり)さん

20171206222234-c69aa520f29d493f69d436a6ed1d1a4cf5321483.gif

【受賞理由】 
"「クリエイター賞」"の名の通り、NMB48という現役アイドルでありながらYoutuberとしても活躍されている吉田 朱里さん。メイクテクニックなどを紹介するご自身のYouTubeチャンネルには40万以上のファンがつき、日々動画を通してメイクの楽しさを広められています。そんな吉田朱里さんに「クリエイター賞」をお贈りいたします。

【コメント】
今年はいろんなコスメを試した一年でした。YouTubeで今までなら使わなかったようなカラーのアイシャドウやリップなどを試して、より良いものにたくさん出会えました!自分のメイクの幅もかなり広がった気がします。日ごろはとにかくお肌を綺麗に保つことを心がけていています。

(ご参考)
◆  2017年の台湾のビューティトレンドを総括する
「2017 UrCosme(@cosme TAIWAN) THE BEST COSMETICS AWARDS」同時発表
@cosmeのグループサイトである、台湾の化粧品クチコミサイト「UrCosme(@cosmeTAIWAN)」でも、2017年に台湾のユーザーが最も支持したコスメをランキング形式で表彰するアワード「UrCosme(@cosme TAIWAN) THE BEST COSMETICS AWARDS」を同時発表し、総合1位にREVLON「Super Lustrous Lipstick」が輝きました。

20171206214826-5ebd61faa61b0b0b4bad70a82c9a8255d8d72c34.pngのサムネイル画像

その他の受賞商品一覧や、アワードの詳細にいついてはこちら▼
日本語:https://www.urcosme.com/beauty-awards/2017/annual_index_jp
繁体字:https://www.urcosme.com/beauty-awards/2017/annual_index

◆ 「@cosmeビューティアワード2017 」編集特集ページ
「@cosmeビューティアワード2017 」編集特集ページでは、各賞の詳細や、@cosmeベストコスメアワード総合大賞・殿堂入り・新人賞の商品紹介動画をはじめとした編集コンテンツをご覧いただけます。また、@cosmeグローバルサイト版では英語・繁体字・簡体字・韓国語に対応しています(@cosmeベストコスメアワードのみ)

20171206215532-158a275fe058e5ea78001b2cd6c2ff66ae7cb2c2.png◇PCサイト
http://www.cosme.net/beautyaward/2017
◇スマートフォンサイト
http://s.cosme.net/beautyaward/2017
◇グローバルサイト
英語: http://us.cosme.net/bestcosmeRankings
繁体字:http://tw.cosme.net/bestcosmeRankings
簡体字:http://cn.cosme.net/bestcosmeRankings
韓国語:http://kr.cosme.net/bestcosmeRankings

◆ @cosmeとは
月間訪問者1,500万人(全デバイス含む)、月間ページビュー数は3.1億PV、国内外3万1,000ブランド・商品数29万点のコスメのデータベースと、クチコミ検索機能や新製品情報などのコンテンツを備えた日本最大の化粧品・美容の総合サイトです。1999年のオープン以来、会員数・クチコミ件数・ページビュー数ともに伸び続け、累計クチコミ数は1,400万件に達しています。

【株式会社アイスタイル 会社概要】
東証一部・コード番号3660
▌所在地:〒107-6034 東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 34 階
▌設 立:1999年7月27日
▌資本金:34億8,200万円
▌代表者:代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎
▌事業内容:美容系総合ポータルサイト@cosmeの企画・運営、関連広告サービスの提供
▌HP:http://www.istyle.co.jp

【お問合せ】
▌株式会社アイスタイル 広報室
▌TEL:03-5575-1286
▌FAX:03-5575-1261
▌Email: istyle-press@istyle.co.jp

POSTED: 2017年12月07日CATEGORY: アイスタイル