istyle

  • 3つのマテリアリティ
  • 信頼されるプラットフォーム
  • 事業の根底を支えるIT

IT Supports The Foundation Of Business

事業の根底を支えるIT

生活者とメーカーをつなげるプラットフォーム、その核となるデータベースが事業を支えています。

生活者の声を集めたデータベース

アイスタイルが創業した1999年は、今のようにビッグデータという言葉が存在すらしていない時代でした。しかし、当時からデータ活用に注目し、@cosmeをスタート。データベースには日本で販売されている、ほぼすべての化粧品約32万点の正確な商品情報データと、サービスを利用する幅広いユーザーデータ、そして、商品を実際に使用した生活者のクチコミデータが蓄積されています。

ネットとリアルをつなぐプラットフォーム

アイスタイルは、メディアである@cosmeの他に、化粧品のECサイトや、リアル店舗である化粧品専門店を展開しています。ネットとリアルをつないだプラットフォームを構築することで、ネット以外にもリアルでの行動データや販売データなどが蓄積されています。そして、それぞれのデータに共通IDを紐づけることで一気通貫した行動分析を実現しました。ユーザーの嗜好性やトレンドなどが可視化され、ユーザーに寄り添ったコミュニケーションが可能となり、これをSaaS*としてメーカーに提供しています。これからもユーザーとメーカーとのエンゲージメントを高め、業界の発展に貢献していきたいと思います。

  • Software as a Service:ソフトウェアを利用者側に導入するのではなく、提供者側で稼働しているソフトウェアをインターネット等のネットワーク経由で提供するサービス
ネットとリアルをつなぐプラットフォーム

次の時代に向けたDX推進

コロナ禍により社会が大きく変革しリアルでの活動が制限されるなか、ユーザーとブランド、リアルとネットをつなぐプラットフォームとして、DXによる新たな価値創出に取り組んでいます。

オンライン美容部員プロジェクト

リアルでの活動が制限されるなか、生活者・美容部員・化粧品ブランドは美容部員への相談機会の喪失や、美容部員の雇用不安などの課題を抱えています。これらを解決するため、アイスタイルは自社のプラットフォームや美容分野における様々なアセットを活用し、「オンライン美容部員」の委託・育成サポートなど美容部員の非対面接客に関するソリューションを化粧品メーカーに提供しています。業界の課題を解決し、またオンラインでも豊かな顧客体験の提供を目指すべく、オンラインカウンセリングのプロフェッショナルの育成を推進してまいります。

共通カウンセリング台帳

非対面接客が進むにつれ、「オン/オフラインを横断した形での顧客データの管理」や「カウンセリング内容の管理共有に向けたツール」、「化粧品専門店/ドラッグストアを巻き込んだ形の非対面接客の実現」などのニーズが高まるなか、これらを解決する総合的なソリューションとして店舗・ブランドを横断したオンラインの「共通カウンセリング台帳」を開発。オンライン美容部員時代を見据え、DXでしか成しえない体験価値の提供に注力しています。

アライアンスによる新しい価値の創出

アイスタイルが持つプラットフォームやデータベースと、他企業が持つアセットを掛け合わせることで今までにないソリューションを創出し、業界の課題解決を目指してまいります。

<取り組み事例>
・アイスタイル、博報堂と共同でビューティ領域におけるAI技術を活用した DX推進支援を行う「BEAUTY DATA STUDIO」を始動 ―予兆モデル構築及びソリューションの共同開発に着手―
・メルカリと化粧品市場の一次流通活性化に向けた包括業務提携を締結 ~商品データを連携し、二次流通市場の情報を活用したソリューションの提供を目指す~

推進体制

DXを事業戦略の中心に据え、経営者の強いリーダーシップのもと推進体制を構築しています。 開発・研究などを主幹とするテクノロジー部門の他に、これまで当該部門に包括されていた社内向け情報システム担当部署をコーポレート部門に移し、全社的なDXを推進する組織へ再編しました。また、社内部門だけでなく新しい価値創出に向けて他企業との連携にも注力しています。 今後もより一層強化していくために、最新のIT技術の導入や研修を実施することで、DXを推進するための環境整備を進めてまいります。

DX